返済日に間に合わなかった時の遅延損害金の確認

お金借りたい

個人向けローンの1つにカードローンが有ります。
銀行や消費者金融が個人向けのローンとして商品化されているのが特徴です。

 

銀行などの場合は、普通貯金口座で利用しているキャッシュカードにローン枠を設けて利用できる
ようにしているものや、専用のカードを使って、キャッシングの利用が出来るものなどが有ります。

 

尚、専用のカードを使ってのカードローンは、対象となる銀行に口座を持っていない場合でも
利用できると言うメリットが有ります。

 

カードローンはコンビニにあるATMや銀行のキャッシュディスペンサを利用して
現金を引き出して利用出来るカードローンになります。

 

カードローンは利用限度額の範囲内だったら何度でも繰り返し利用できる。

そのためカードローンは、借り過ぎてしまうリスクを持っています。

 

返済方法も月額固定の残高スライド方式が一般的であり、月々の返済額は大きくないので
ついつい借り過ぎてしまい、何年も返済に時間がかかってしまっている方も多いです。

 

返済期間が延びればそのぶん利息がかかる時間も長くなってしまうので、
総返済額は多くなてしまってしまいます。

 

そのためカードローンを利用する時は、自己管理と返済計画をきちんと立てて使う事が重要になります。

 

返済日に返済が間に合わないと遅延損害金が発生する事になります。

これは日割りで計算されるもので、返済が遅れる日数が多くなればなるほど、
多くの遅延損害金を支払う必要があるので注意が必要です。

 

遅延損害金には遅延利率と言うものが定められており、この利率で日割りで返済金に加算が行われるのですが、
遅延利率はどこの消費者金融や銀行カードローンでもMAXの金利になっており高いです。

 

遅延利率の場合は法律で定められた上限金利の20%の利率の会社が多いです。

 

加えて遅れる日数が長くなればなるほど要注意人物としてペナルティとなり、
個人信用情報に記録が残されることになるので注意が必要なのです。

 

個人信用情報にペナルティの記録が増えると、新規の借入ができなくなってしまいますので返済日の確認は重要です。

 

カードローンが怖ければフリーローンを利用する!

カードローンと似たようなローンに、フリーローンがあります。

 

フリーローンも使い道は自由でお金を借りれるローンですが、
カードローンのように利用限度額内だったら何度でもお金を引き出せる仕様にはなっていません。

 

フリーローンで最初に50万円を借りたなら、50万円までしか借りることはできなく、
借りた後はひたすら返済をしていくだけのわかりやすいローンです。

 

これでしたら借り過ぎの心配も無いですし、いくら借りているかもわからなくなることは無いです。
即日融資で利用できるのは、このフリーローンのケースが多いです。

 

考え方もシンプルで借り過ぎのリスクも少ないフリーローンの方が、
一時的に現金が必要な時などには向いています。

 

↓↓即日お金借りる時の安心カードローンサービス↓↓

お金借りる

>>即日お金借りたい時に最適なサービスの詳細はこちらから確認できます!<<


[カードローンの審査の特徴]の関連記事

個人向けローンの1つにカードローンが有ります。銀行や消費者金融が個人向けのローンとして商品化されているのが特徴です。銀行などの場合は、普通貯金口座で利用しているキャッシュカードにローン枠を設けて利用できるようにしているものや、専用のカードを...

本来であれば借りたお金の返済を延滞したり、遅延するなどあってはならないことです。もし遅延した場合には段階的に返済の催促がくるようになります。まず遅延が起きると電話やハガキで返済を求める連絡がきます。この段階で返済すれば、さほど問題にはならな...

キャッシング(カードローン)を返済する賢い方法って知ってますか?いろいろな返済方法はあるのですが、一番重要なのは、返済する方法は返済する時に検討しても既に遅いと言うことを、まず肝に銘じて置く必要があります。返済方法はお金を借りる段階で決まっ...