カードローンで遅延をしたらどうなるの?【返済相談】

お金借りたい

本来であれば借りたお金の返済を延滞したり、遅延するなどあってはならないことです。
もし遅延した場合には段階的に返済の催促がくるようになります。

 

まず遅延が起きると電話やハガキで返済を求める連絡がきます。

 

この段階で返済すれば、さほど問題にはならないのですが、しかし何度も遅延を繰り返した場合には、
ブラックリストに載ってしまう恐れがありますから注意が必要です。

 

ブラックリストに載るとよく聞きますが、実際にブラックリストというリストは存在しません。

 

ブラックリストとは、個人信用情報マイナスの評価がされることを意味しています。

 

現在では個人信用情報は全てデータベースで一元管理されていますので、
どの消費者金融でも銀行カードローンでも同じ個人データを参照することが可能に成っています。

 

その個人信用情報に「この人はお金を貸しても返済が出来なかったことがある」
とマイナスの記録が残ってしまうことです。

 

マイナスの記録が残るとどうなるかですが、次に新規にお金を借りようと思った時に借入審査の段階で、
この個人信用情報を参照されますので、マイナスの記録があると新規の申し込みは
厳しくなってしまいお金を借りることはできなくなります。

 

カードローンで遅延した時の督促状って何??

貸出業者から何度も連絡があっても支払いに応じない場合には、
最終的に督促状が送られてくることになります。

 

家族にお金を借りている事を内緒にしていた場合には、
督促状が届いた段階でバレるう可能性が高くなります。

 

それでもまだ支払いに応じなければ、
貸出業者の担当者が直接取り立てに訪れます。

 

これは銀行でも消費者金融でも同じで、
貸出業者の担当者が来た場合には状況は最悪です。

 

最終的には給料の差し押さえが行われ、強制的に支払いをすることになります。

 

ここまで行ってしまうとブラックリストに載るは確実であり、
カードローンの利用停止、新たに融資は受けることは不可能になります。

 

さらに、返済が遅れれば遅れるほど遅延損害金が膨らみますので、
支払い総額が大幅に増えることにもなります。

 

遅延の時の利息は通常の利息より多い時が一般的です。

 

カードローンの規定を見てみるとわかりますが、最大金利18%と謳っているカードローンサービスでも
延滞や遅延時の利率は最大の20%となっているところが多いです。

 

返済は期日を守って確実に行うことが大切です。

 

そのためにもお金を借りる時に、返済のことを十分に考える利用計画が重要です。

 

↓↓即日お金借りる時の安心カードローンサービス↓↓

お金借りる

>>即日お金借りたい時に最適なサービスの詳細はこちらから確認できます!<<


[カードローンの審査の特徴]の関連記事

個人向けローンの1つにカードローンが有ります。銀行や消費者金融が個人向けのローンとして商品化されているのが特徴です。銀行などの場合は、普通貯金口座で利用しているキャッシュカードにローン枠を設けて利用できるようにしているものや、専用のカードを...

本来であれば借りたお金の返済を延滞したり、遅延するなどあってはならないことです。もし遅延した場合には段階的に返済の催促がくるようになります。まず遅延が起きると電話やハガキで返済を求める連絡がきます。この段階で返済すれば、さほど問題にはならな...

キャッシング(カードローン)を返済する賢い方法って知ってますか?いろいろな返済方法はあるのですが、一番重要なのは、返済する方法は返済する時に検討しても既に遅いと言うことを、まず肝に銘じて置く必要があります。返済方法はお金を借りる段階で決まっ...