総量規制とは除外や例外、対象外を除く借入額の上限のことです。

お金借りる 総量規制

みなさんは総量規制という言葉をご存知でしょうか?

 

総量規制とは、金融機関の融資において、上限を設定することによって返済がショートしてしまったり、
債務整理の手続きを行わざるを得なくなってしまったりすることを防ぐために作られた制度です。

 

ですから、総量規制とは融資を受けた方を保護するために作られたものであるといってよいでしょう。

 

この総量規制によると、申込人の年収の3分の1までを融資の上限金額とするとなっています。

 

ですから、たとえば年収300万円の方であったならば、100万円以上の融資を受けることはできないのです。

 

しかし、これらの規制の対象外となっているものも存在します。

 

たとえば住宅ローンなどに関しては、この総量規制を適用してしまうと
おそらく誰も住宅を買えなくなってしまうでしょう。

 

ですから、銀行の商品に関しては総量規制は対象外であり、銀行の商品を除外した
その他の金融機関からの貸出のみ総量規制の適用になります。

 

除外されているといって銀行からであれば、たくさん融資を受けても大丈夫と思ってはいけません。

 

先ほども述べましたが、これらの規制は申込人を保護するためのものです。

 

お金を借りる時は返済が可能な金額のみ借りるようにすることが大切です。

 

総量規制が適用されるポイント

総量規制が適用されるのは、プロミスやアコムといった消費者金融が対象となります。
銀行は銀行法が適用されるので、総量規制の対象とはなりません。

 

総量規制が適用されない銀行カードローンの方がたくさんお金を借りれそうと考えがちですが、
基本的に銀行カードローンの方が審査は厳しく長くなる傾向です。

 

総量規制で定めている年収の1/3以上を借りてしまうと返済するのも大変です。
お金を借りるのに一番大切なのは返済計画ですので、まずは返済計画の立案から検討願います。

 

↓↓即日お金借りる時の安心カードローンサービス↓↓

お金借りる

>>即日お金借りたい時に最適なサービスの詳細はこちらから確認できます!<<