申し込みブラック(多重申し込み)の内容と危険性

お金借りたい,申し込みブラック,多重債務者

申し込みを行うにしても考えなしに「数撃ちゃ当たる」を行うと行っていると大変な目に合います。

 

短期間に3社以上の申込みをすると、多重申込み者として扱われ金融機関に警戒されてしまい
新規の審査も融資も行ってもらえなくなります。※特に名の知れた大手金融機関ではそうなります。

 

短期間に連続で申し込むのは審査担当者からすると、
「他社で断わられ続けているようであ、回収不能になる可能性が高い。」と判断されてしまい、
この時点で審査が通りにくくなります。

 

キャッシング(カードローン)の申し込みを行った場合、その全ての個人情報は
「個人信用情報センター」に照会され蓄積されて行きます。

 

また最近ではネット上でネットローン・シミュレーションが行える便利なシステムがありますが、
このシミュレーション結果も信用情報センターに申込み履歴としてカウントされているところがありますので
気軽に行わない方が良いかもしれません。(ローン会社によりデータの扱いは様々です。)

 

ローン計算はそんなに難しくも無いですし、自分が借金をしている訳ですので
その程度は御自身で確認(計算)してみることをお勧めします。

 

自分で計算を行うと返済計画の実感がわき一石二鳥にもなります。

 

申し込みブラック(多重申し込み)になった場合

個人信用情報センターでは、申込み情報として、
「どこの会社」に「いつ申込みをしたか」という情報は、しっかり蓄積されています。

 

どの信用情報機関でも保存期間は、6ヶ月を超えない期間となっています。
つまり半年間経過しないと、申し込みしたデータは消えない仕組みになっています。

 

逆に言えば、半年経てば申込み情報は消去されます。
申込みブラックになってしまったのであれば、半年間は耐えるしか方法は無いです。

 

発想の転換

この際、この半年間は逆の発想をしてみてはどうでしょうか?
当然、情報が消える半年間は新規での申込みは行えないと考えた方が良いです。

 

それよりもお金を借りる方法に詳しくなるのでは無く、もっと単純な方法として、
収入を増やすことに精力的に行ってみてはどうでしょうか?

 

それができれば苦労しないと言われそうですが、人生の転換になると思います。
簡単では無いでしょうが、一番の成功法の解決策なので検討願います。

 

「ブラックリストにのる」と「申し込みブラック」の違い!

「申し込みブラック」に似た言葉に、「ブラックリストにのる」と言うのがあります。

 

過去にキャッシング会社への返済が滞った経験があったり、返済金額を返せなかった経緯があったりすると、
これも個人信用情報センターに登録され、どの金融期間に行ってもお金が借りられないケースになります。

 

これが俗に言う「ブラックリストにのる」意味で使われています。

 

ブラックリストはも申し込みブラックよりもかなり重要であり、一般的には10年は消えないと言われています。

 

↓↓即日お金借りる時の安心カードローンサービス↓↓

お金借りる

>>即日お金借りたい時に最適なサービスの詳細はこちらから確認できます!<<