ローン一本化の特徴(メリットとデメリットとは)

ローン一本化

たくさんの借金を抱えて困っている方には、複数のローンを一本化して借金を返済するという返済方法があります。

 

魅力的に聞こえる借金一本化の特徴(メリットとデメリット)は何でしょうか?

 

ローンを一本化する時には、いくつかの金融会社から融資を受けていたものを、
大口の融資に変えて、そのお金で他社の返済を先に済ませてしまいます。

 

数社からのローンを同時に返済していると、1カ月あたりの返済負担も大きくなりますし、
返済日が何回もあって、借金に追いまくられているような精神状態になってしまいます。

 

ローン一本化のメリット

ローンの一本化によって、返済する先が1つのローン会社になるので、金利が減るというメリットがあります。
低金利での返済ができれば、完済までに必要なお金を安くすることができるわけです。

 

一方、ローン会社の立場からすれば、まとまった金額を、長期的に融資をすることになるため、
儲けを期待することができるのです。

 

多くの人がローンの一本化を利用している背景には、借りる人、貸す人どちらにとっても、いい話になるためです。
今、どんなローンをどのくらいのペースで返しているかが、ローンの一本化でわかります。

 

金融会社によっては、ローンの一本化をするためには、完済まで他のローンを
一切使わないという契約事項が盛り込まれていたりします。

 

ローン一本化で大切なこと

ゆとりのある返済額を選び、完済した後にまた、ローンを組むことがないように、生活をすることも大切です。
返済が行き詰まっている人には、ローンの一本化はとても大事な返済手段です。
各社のローンを一本化することで、月々の返済を可能なものにできることがあります。

 

↓↓即日お金借りる時の安心カードローンサービス↓↓

お金借りる

>>即日お金借りたい時に最適なサービスの詳細はこちらから確認できます!<<

カードローンのおまとめローンとのりかえローンの特徴

お金借りたい

最近カードローンでよく聞くのが、おまとめローンです。
これは銀行が店舗で行っているおまとめローンとほぼ同じ内容のものになります。

 

消費者金融のカードローンで違うのは、金利と融資してくれるまでの速さですが、
銀行のカードローンの場合は実際に借入審査には、数日~数週間かかりますが
消費者金融のカードローンの場合は、即日融資も可能になる場合があります。

 

ただ消費者金融のカードローンといっても、借入する金額によっては
借入審査時間もかかる時があります。

 

それでもまとまったお金を借入することができれば、借金の一元化も可能になり
今まで数社で契約していた借金の総支払額を減らすことが可能になるので魅力的です。

 

おまとめローン、のりかえローンののメリットとは?

カードローンでおまとめするメリットは、
やはり複数ある支払いを一箇所にまとめられることに尽きます。

 

それなら銀行でおまとめローンを申し込めばいいのではと思いますが、
銀行のおまとめローンは、通常のカードローンよりもさらに借入審査が厳しくなり
時間がかかる傾向のため、なかなか利用し辛いといった側面も併せ持っています。

 

総量規制が関係ない銀行のカードローンだったら、
200万円までなら収入証明不要でお金を借りることもできるメリットはあります。

 

しかし200万円を借りるとなると、その方の個人信用情報はしっかりしている必要もありますし
借入審査も即日と言うわけには行きません。

 

その点、消費者金融はおまとめローンの借入審査は速い傾向で人気があります。

 

おまとめローンは支払いを一箇所にまとめることが出来るので、
今まで数社の金融機関で借り入れを行っていた方は、返済日が一つになるので
精神的に楽になるメリットがあります。

 

金利も借りる額で変動しますので、まとめて沢山の金額を借りた方が
金利は低くなるので、総支払額を下げることが可能になります。

 

おまとめローン金額面精神面でメリットが多いです。

 

銀行でおまとめローンを組んだ場合には、その銀行のATMしか使用できない場合もあるため利便性が悪いです。

 

消費者金融のおまとめローンの場合は、全国に提携ATMがありますし、
大手消費者金融だったら近くのコンビニのATMで返済も可能であり非常に便利になっています。

 

↓↓即日お金借りる時の安心カードローンサービス↓↓

お金借りる

>>即日お金借りたい時に最適なサービスの詳細はこちらから確認できます!<<

ローン一本化の申し込み方法

ローン一本化

多くの方がローンの一本化を利用している背景には、多重債務で悩まされている方が多い現状があります。

 

ローンの一本化の検討を開始したい時は、インターネットや電話、店舗窓口などで申込みが可能です。
家から一歩も出ないで電話やネットでローン一本化の申込みができることは、大きな魅力であるといえます。

 

ローン一本化の申し込みの流れ

申し込み書や必要書類を揃えて申込みをすることで、ローン会社は仮審査に入ります。

 

仮審査に通過した後は、電話により質疑応答を経て、本審査に入るというのがローン一本化の申込みの大まかな流れになります。

 

もしも、仮審査が終了してから他社の借入をしてしまったり、転職や離職をすると、本審査には通れずに、融資を断られる可能性があります。

 

本審査の結果もOKとなった場合は、契約に必要な書類を作成して、受け渡しを済ませる作業にはいります。

 

何も問題なく契約が交わされたならば、現在のローン会社の返済にかかっているお金を、自分の指定口座に振り込んでもらえます。

 

振り込み金額に問題がなければ、他の金融会社から借りているお金のお金を返済してしまいましょう。

 

ローン会社の中には、他の金融機関の借金を一度、顧客の口座を経由させることはしないで、
直接、他社借入先の金融会社に話を通して、全額返済の手続きを済ませてしまう会社もあります。

 

ローン一本化の申し込みで大切なこと

ローン一本化の申し込みをした際の質疑応答は、重要視されています。

 

完済する気持ちが本当にあるのか!人柄はどうか!などがチェックされています。

 

社会人としての一般常識がある人かどうかも重視されるため、見出しなみや言葉遣いにも気をつけましょう。

 

多重債務者の借金状態を打破するためにも、ローン一本化は有効な方法です。

ローン一本化のデメリットを考察

ローン一本化

ローンの借入件数が多くて、返済に苦労している人から見ると、ローンの一本化は利点しかないように見えますが、はたしてどうなのでしょうか?
ローン一本化のデメリットは何だと思いますか?

 

ローン一本化のデメリット

ローン一本化では、審査がOKとなった時に、借入金がそのまま指定した口座に入るケースがあります。
ローン一本化の申込みをして審査に合格した後、今までの借入先の金融会社に一本化ローンを利用した金融会社が、そのまま返済の手続きをしてくれることもあります。

 

しかし、自分自身で今まで借入していた会社に、個別に返済をしなければならないケースは、少し注意すべき点があります。
それは、借金一本化のために借りたローンとはいっても、自己責任でどんなことにでもこのお金を使うことができることです。

 

借入先が銀行であった場合、お金は申込み者の手を経由せずに、銀行が今まで借りていた金融会社に返済をするという形になっています。
もしも、借入先が消費者金融会社だった場合は、ローンの一本化をするために借り入れたお金が、そのまま自分の口座に振り込まれます。

 

たとえ右から左に流れていく宿命のお金だとかわってても、なまじ自分で好きなように利用できるため、他の使い方をしてしまう方もいます。
他社の返済のためのお金とわかっていても、心に余裕が出来てつい半分くらい使い込んでしまう方がいます。

 

ローン一本化の審査

そのため、一旦振り込んだお金をローンの返済に当てない顧客への対策として、ローン一本化の審査は非常に慎重に行われます。
ローン一本化の審査は、通常のカードローンの審査より、はるかに厳しいのが現実です。
ローン一本化するために行われる審査の面談では、かなり厳しい質問をされることもあります。

 

ローン一本化の取り組みまとめ

消費者金融会社では、銀行カードローンと比較すると、手軽にローンの一本化ができるようになっている会社もあります。
ローン一本化の審査は大変ではありますが、メリットも多いのでやる気を出して頑張ってみることが大切です。
金融会社から振り込まれたお金は、しっかり返済に当てることは一本化ローンの申込みをした時の大前提です。

 

↓↓即日お金借りる時の安心カードローンサービス↓↓

お金借りる

>>即日お金借りたい時に最適なサービスの詳細はこちらから確認できます!<<